七夕

今日は七夕。

小学校のときは「お医者さんになれますように」なんて短冊に書いていた記憶がある。今思うと、あれは両親からの期待(刷り込み)だったんだなあと思う。

子供のころ「将来、何になりたい?」と聞かれると、僕は「お医者さん!」と即答していた。今思うと、それはきっと両親に向けての回答だったのだろう。子供は親が喜ぶような態度をとるからだ。

が、そのことについて、別に両親に悪い感情は持っていない。それは、親なりの期待・愛情の形だからだ。ただ、外部からの夢の刷り込みというものは、欲求レベルとしては弱いため、両親によほどの執念(とか因縁)がないかぎりは、ほとんど成就しないのが現実であろう。残念ながら、僕は今、医者ではない。

「今日は七夕ですよね~」
「あー、そういえば、今日は7月7日か!」
「…」
「…」
「… でも、七夕ってなんか微妙ですよね。お祝いって感じでもないし、ああ、七夕だなって感じなだけで。」
「確かに、そうですね。」

なんていう会話が聞こえるなか、そんなことをぼんやりと考えていた。

今日は、ほとんどの人にとっては微妙な七夕。

婚姻届の提出がやたら多いらしく、役所の人にとっては迷惑な七夕(笑)

でも、僕にとっては、実は一年の中でもかなり重要な日だったりするのだ。

理由は、来年の七夕あたりに書きたい。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次