Rubyでbreakに引数をつける書き方

breakに引数を指定した場合、ループの戻り値がその引数になるらしい。
これって、あまり知られていない気がする。

以下は、数字の2乗を求めていって、
1000を超えたら出力するプログラム。

p 100.times {|num|
square = num * num
break [num, square] if square > 1000
}
#=> [32, 1024]

へー、しらなんだ。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次