台湾本を数冊購入

僕はとりわけ影響されやすい性格なので、帰ってきて数日経つのにもかかわらず、頭の中はまだ台湾のことでいっぱいである。そんなわけで、さっそく数冊の台湾本を購入した。

著:司馬 遼太郎
¥1,034 (2022/12/03 21:07時点 | Amazon調べ)

未読だったので、ちょうどいいとばかりに。

小学館
¥748 (2022/12/03 20:42時点 | Amazon調べ)

名著との声をよく聞くので。

著:小林よしのり
¥671 (2022/12/03 21:08時点 | Amazon調べ)

書評を見ると、読むべきところがたくさんありそうだったので。

著:若林 正丈
¥580 (2022/12/03 21:09時点 | Amazon調べ)

台湾入門とのことで。

さて、今回手に入れたうちの一冊、司馬遼太郎の『街道をゆく(40) 台湾紀行』の最後は次のように締めくくられている。

台湾の話、これでおわる。脳裏の雨は、降り止まないが。

僕の気持ちも、今まさにこのような状態である。それぐらい、あたたかくて居心地のよい国であった。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次