113 番目の新元素発見

おー、ついに日本からもですか。

理研、最も重い 113 番目の新元素発見

理化学研究所(理研)は 28 日、これまで知られている元素の中では最も重い 113 番目の新元素を発見したと発表した。理研内では、新元素を「ジャポニウム」と名づける案などが浮上しているが、理研の野依良治理事長は「100 年前、日本人研究者が命名したニッポニウムという新元素が事実誤認で取り消された経緯もあり、新元素はリケニウムと名づけたい」と話している。

ノーベル賞化学者にこんなこというのもなんですが、「リケニウム」って、なんていうか、あまりにもセンスがないと思います。中途半端に「リケ」だけつけるぐらいなら、そのまま「リケン」(前にアクセント)とかでも十分元素っぽいと思うけど。

命名前のウンウントリウムのほうが、よっぽどカワイイと思うのは僕だけかしら。(コミックスののび太風に)

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次