やる気がないときはストーリーで動かす

息子、引き続きやる気停滞中です(笑)

 

どうせやる気がないならということで、かなり久しぶりのテレビを見せてみました。

 

なら≒デキ|テレビ朝日

 

スーパー小学生とプロがいろいろな分野(水泳やアーチェリーなど)で対決するというもの。

 

同年代がテレビに出ていて、しかも圧倒的な技能でプロと渡り合っている姿を見て、かなり刺激を受けていたようで「僕はいまは勉強しかないな…」とボソッとつぶやいていました。

 

「人は論理では動かず、ストーリーで動く」とはよくいいますが、うるさく正論で叱るよりも、やる気の出るストーリーをテレビや漫画でたくさん見せた方が実は効果的かもしれませんね(笑)

 

 

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次