流れとかたち

名著とのことで購入した。厚めの本だが、どんなふうに自分の視点を拡張してくれるのか楽しみだ。

著:エイドリアン・ベジャン, 著:J.ペダー・ゼイン, 著:木村繁男, 翻訳:柴田裕之
¥1,980 (2022/12/03 13:25時点 | Amazon調べ)
目次

メモ

有限大の流動系が時の流れの中で存続するためには、その系の配置は、中を通過する流れを良くするように進化しなくてはならない。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次