つひに行く

ずっと心のどこかにくすぶっていることがあって
それが在原業平の辞世の句に、はっきりと表現されていた。

つひに行く 道とはかねて 聞きしかど
昨日今日とは 思はざりしを (伊勢物語)

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

目次