カップラーメンと磁性体

「カップラーメンにヤカンでお湯を入れた後にさ、蓋を閉じるでしょ。そのときに蓋の上に何かをのっける代わりにヤカンの底を 2, 3 秒 “エイッ” って当てると蓋の糊がもう一回融けて、何ものっけなくても蓋が “ピチッ” とくっつくっていう大発見を昔知り合いから聞いたんだ。それ聞いてからさ、カップラーメンを食べるときはそのテクって欠かせないわけ。あはは。あ、すいません。生グレープフルーツサワーひとつと、えーと、何か飲む? いい? じゃあ、以上で。うん、それでさ、話は全然変わるんだけど、僕が生まれた 1977 年にフィリップ・ウォーレン・アンダーソンっていうアメリカの人がね『磁性体と無秩序系の電子構造の理論的研究』っていう研究でノーベル賞をもらったんだ。まー、僕にはなんだかよくわかんないんだけど、直流ジョゼフソン効果を観測して? うん、それを理論的にも解明したんだって。」

「へー、何かよくわかんないけどすごそう。てか、後半棒読みだったし。(笑)」

「まあ、まあ、とりあえずそれは置いといてさ(笑)、ここで、ひとつ質問なんだけど、カップラーメンと磁性体の発見って、どっちがすごいと思う?」

「うーん、すごそうなのは磁性体なんちゃらだけど、アタシはカップラーメンの方が好きかな。」

「うん、僕もそう思う。磁性体なんちゃらも、たぶん世の中の役にたってそうなんだけど、カップラーメンの方が何かいいよね。」

「あ、でも、無秩序系って言葉は好きかも。」

「あはは。確かに言われてみれば微妙にカッコイイ。奴は無秩序系の男、みたいな。(笑)」

「うん。でしょ。(笑) でも、なんで突然そんな話するの?」

「まあ、別にたいしたことじゃないんだけど、僕はカップラーメンと磁性体の真ん中くらいのことがやりたいんだなぁ、ってこと。」

「なにそれ、わけわかんないよ。あ、すいませーん、ウーロンハイひとつもらえますか?」

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次