連休 2/3

今日は朝からずっと図書館(習志野市立図書館)にいました。


図書館は僕にとって特別な場所でして、学生のときはほぼ毎日のように行ってました。月並みですが、やっぱり静かな雰囲気と、本のにおいと、きれいなトイレが好きです。


大学の図書館には、とても古い本があって(化学だと 1800 年代から)、それが、いまだに現役であることに軽い興奮を覚えたものです。 M1 の夏頃、なんかの合成方法を調べてたら、 1902 年くらいの文献までさかのぼったことがあって、 100 年前の本を手に、人類の知恵のバトンタッチを目の当たりにして武者震いしたことは、今でも忘れられないです。


ただ、さすがにアカデミックから離れた今となっては、市民図書館が関の山でして、なんか子供たちはリレーしてるし(僕の机の横のところが折り返し地点だった)、どこかで聞いたことある音楽がながれてると思ったら SMAP (しかも夜空のムコウ)だし、とてもじゃないけど、インテリジェンスのかけらもなかったです。でもね、許可取ってまで大学の図書館に行くのもあれだし、どこか静かで許可もいらなくて本も揃ってるような図書館とかないですかね。


文句を言いつつも閉館になったので、そのまま自宅に帰ろうと思ったのですが、掃除機のパックのやつがきれたことを思い出して、近くのラオックスに予備を買いに行きました。そしたら、入り口でいきなり魅力的なヤツラが目に飛び込んできました。

以前から、乾燥機付き洗濯機っていうのはずっと高嶺の花でして、僕のなかではマッサージチェアーと双璧をなす最高級家電でした。それが、なんと 200000 円をきっている。あれっ、手が届くじゃん、って感じですね。


それで、興味津々で写真撮ったり、じーっと見つめてたり、カタログ見てたりしてたら、案の定、店員がやってきて、いつの間にか、かなり具体的な話(ボーナス一括とか)まではじめてました。ふと我に返り(定期預金しよう!)なんとかその場はしのぎましたけど、もう 5 分遅かったら確実に買ってましたね。やばかったです。


結局買ったのは、掃除機パックの替え( 980 円)だけでした。経済観念ついてきました。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次