Espanol

英語がペラペラで、今スペイン語を勉強してるワセダの大学院生と話す機会があって
そのときに、
「スペイン語の、どこが魅力か?」
と尋ねた記憶があるんですが、こっちもあっちも酔っぱらってたせいもあって、なんでだったのかが思い出せなくてもやもやしてます。断片的にですが、以下のような情報が頭に残ってるのですが、いまいち脈略のない材料なので、わけがわかりません。
・スペイン語は発音が日本語と似ている(ステーション→エスタシオン??)
・スペインはイベリア半島にあって伝わるのが遅かったから文法が単純である
・フランス語とかと違って、英語はいろんな言語の簡単なところだけで作られた新しい言語だ

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次