Pythonに少し心が動いたけれど

Google App Engineが発表された。Google製のスケールできるインフラはかなり魅力的だが、現状ではPythonしかないのが少し残念である。

Python自体にあまり経験がないということもあるが、なによりもPythonはソースコードの見た目が苦手なのである。

インデントの話は、まだ許せる。それよりも問題は足元の落ち着かなさである。Pythonのソースは、なんだかソースの上の方がポロって落ちてきそうで、とても不安な気持ちになるのだ。

# fact.py
def fact(x):
if x == 0:
return 1
else:
return x * fact(x - 1)

個人的には、Rubyみたいに、endでしっかり閉じられているほうが、下側が安定している感じがするので好みだ。

# fact.rb
def fact(n)
if n == 0
1
else
n * fact(n - 1)
end
end

なんて話で、前にid:daisunと品川で飲んだときに盛り上がった。彼は逆にRubyのendに慣れないらしい。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次