親不知

ついつい飲みたくなっちゃう金曜日。でも、なんとか時間を作りたい。こんなときは歯医者の予約を入れましょう。強制的に(飲まず、残らず)帰ってくるというライフハック(というほどでもない)。

ということで、明日の勉強会の資料ができていない僕は、19:00に歯医者を予約。

虫歯の治療は前回で全て完了していたので、今日は、全体のクリーニングをおこないました。かなりゴシゴシやられたので、血まみれになりました。ちょっと歯ぐきが弱っているとのことで、歯磨きの方法を変えるように指導されたり。

そして、クリーニングした結果、親不知にも軽く虫歯があるらしいことがわかりました。いきなり「治療するか、抜くか決めろ」といわれたので、「えーと、じゃあ、抜くでお願いします」と適当に答えました。

ところが、後で人に聞いてみたところ「親不知を抜くと歯が緩くなる」だとか「たまに歯医者に救急車が来ているのは、親不知を抜いたときの出血のためだ」とか聞いて、恐怖を覚えました。治療に変えてもらおうと思います。

かなりどうでもいい記事です。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次