『沈黙の艦隊』を読み始めたよ

飲みに行くたびに「まだ読んでないの? はぁ? 意味わかんね。とりあえず読め! すぐに! 今すぐに!」といわれ続けた『沈黙の艦隊』の文庫版が近くのブックオフで1冊100円で売っていたので、なんとなく買ってみました。全16巻くらいあって読み応えもありそうです。

1巻は、原子力潜水艦「シーバット」が独立国「やまと」を宣言。新しい平和の形を提示。米軍艦隊が撃沈すべく、南太平洋上に集結したところくらいまで。

まだ1巻ですが熱い。海江田熱い。潜水艦好きになりそうだ。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次