「またね」ではなく「さようなら」を

再会する気もあまりないくせに、「またね」なんていう言葉を安易に使って気持ちをあいまいにするよりは、ちゃんと「さようなら」と言って別れの寂しさや切実さを正面から受け止めた方がいいと思う。

いろいろな台湾人に日本語で「さようなら」と久しぶりに言われて、そう思った。「またね」で別れたために、記憶からも消えてしまったひとが何人いるだろうか。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次