花王、カネボウを買収

またもや、大型の統合ですね。

カネボウ買収、化粧品業界の形勢一変

花王とカネボウが 31 日、カネボウの化粧品事業を花王が完全買収する方向で最終調整に入った。化粧品事業で売上高が国内 4 位の花王が 2 位のカネボウをのみ込み、トップの資生堂に挑む構図で、平穏だった業界地図は一変する。ただ、対照的な企業文化の融合など克服すべき課題は多い。

このニュースのヘッドラインをみて、一瞬、カネボウフーズは花王に喰われちゃうの?とかなり不安でしたが、化粧品部門だけみたいで安心しました。

さて、カネボウフーズといえば「甘栗むいちゃいました」とか「フリスク」などと、最近では守りに入っている印象がありますが、「ウォーターパニックガム」「エイリアンスパークガム」「スプレーキャンディー」などといった隠れた名作も数多く生み出しています。ちなみに、言わずと知れた最高傑作「ねるねるねるね」もカネボウフーズの商品だったりします。

ちょっと熱くなってしまいましたが、とにかくカネボウフーズにはサンガリアとともにこれからも名作を生み出していって欲しいなと思っているだけなのです。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次