むしろ長居して欲しいのではないか

ここ1年くらい、週末に用事がないときは近所のデニーズに何時間も籠もって読書や勉強をしています。

で、どこのファミレスでもそうですが、夕食どきになるとどんどん混んできますね。

今までは、そういうときの「早くどけよ」といわんばかりの店員の視線がかなり痛かったのですが、なんていうかむしろまったく逆なんじゃないかと思いました。

どういうことかというと、

長居してる客 → せいぜいドリンクのおかわりくらいしか仕事がない → 勉強してるので静か → 楽ちん

新規の客(家族連れ) → 案内もしなきゃだし、注文とらないといけない → ていうか、子供うるさい → ウザイ

という法則が成り立つわけです。

なので、「早くどけよ」どころか、むしろ「お前、もっと長居しろ」とか考えてるんじゃないかと思うんです。

やる気のない店員にとっては店の売り上げが上がろうが下がろうが、そんなの知ったこっちゃないわけです。

ということで、これからも堂々と長居して「あげる」ことにしました。たぶん間違ってる。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次