IrfanViewでサイズを指定して画像を切り取る方法

IrfanViewは軽くて多機能なイメージビューアで、もう何年も重宝しているアプリケーションです。

あるフォルダの中のイメージを次々に見たいとき、画像の向きやサイズを変えるとき、イメージのフォーマットを変更するときや簡単なフィルタ(モザイクやエンボスなど)を入れたいときなどに主に使っています。

その数ある機能の中でも、僕が最も頻繁に利用している機能のひとつに「画像の一部を選択して切り取り」があります。まあ、IrfanViewじゃなくてもできる普通の機能ですね。

画面のスクリーンショットを手順書やブログなどに貼り付けたいときに、

  1. Alt+PrintScreen
  2. IrfanViewを起動(bluewindでif)して、貼りつけ(Ctrl+V)
  3. サイズの変更(Ctrl+R)や回転(L or R)
  4. 切り取りたい場所をドラッグして、切り取って(Ctrl+X)
  5. そのまま貼り付け(Ctrl+V)て、保存(S)

という流れでやるのですが、この一連の動作はすでに手が覚えていてすべての動作が5秒くらいで済むほどです。

さてさて、手順書を作る際に画像のサイズ(特に横幅)がまちまちだと美しくない(主観)ので嫌いです。手順の4)で「ドラッグ」とありますが、そこに手が入るのが悩みの種でした。

が、さきほど調べてみたら「選択範囲の指定(Shift+C)」という機能がありました。

選択範囲を指定してからドラッグできたり、一般的な大きさが指定できるあたりはさすがで、これからはより美しい(主観)ドキュメントが作れそうです。

普通に存在する機能なので全然大したことない発見なのですが、とてもうれしかったので個人的にメモ。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次