分子医者?

すげー。

An autonomous molecular computer for logical control of gene expression

Recently, simple molecular-scale autonomous programmable computers were demonstrated allowing both input and output information to be in molecular form.

異常な mRNA を特異的に検知して、その遺伝子表現をコントロールする分子を放出する DNA 分子だそう。

僕は学生時代、分子認識とかやってた研究室にいました。当時は「分子モーター」とか「分子歯車」みたいな「分子なんとか」ってのがやたら論文に登場してた記憶がありますが、今度は「分子ドクター」ですかね。

カッコイイっす。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次