地下鉄に「パラパラ漫画」広告

オモシロー。

「動く広告」地下鉄に登場 パラパラ漫画の原理利用

地下鉄のトンネル壁面を使って、走行中の車窓に CM の動画像が映し出される「動く広告」が 2 日、東京メトロ銀座線に初めて登場した。トンネル壁に設置した 150 個のボックスから静止画が車窓に照らし出され、電車の走行につれ「パラパラ漫画」の原理で、人の目には動いているように見える仕組み。銀座線溜池山王 – 赤坂見附駅間で 3 日から運営される。

明日は、無理矢理銀座線使って帰ろうっと。(溜池山王がどこにあるかもわかってないけどね)

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次