四日間の奇蹟

created by Rinker
宝島社
¥759 (2022/09/27 13:21:02時点 Amazon調べ-詳細)

ストーリー的にとてもありがち。でも、素直に感動した。ちょっと涙ぐんだりもした。

読了後少ししてから、なんだか釈然としなくてもう一度読み直す。なぜこんなに心に残ったのか、いい年してなんで泣いたのか、自分でもよくわからなかったからだ。

たぶん劇中の会話のせいだと思った。自分の死後もなお生きていく人間への嫉妬と感謝。生のリミットを知ってしまった人間の、飾りのない素直な感情が、リアルにその会話で語られていたからこそ、ここまで入り込んでしまったんだろう。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次