幻のロシア絵本展

復刻版が販売してたり、当時のアニメーション見れたりで、かなりアリです。

幻のロシアの絵本1920-30年代展

本展は吉原治良の旧蔵品 87 冊を中心に、日本に現存する約 250 冊を一堂に集め、小さな紙の宝石ともいうべき「幻のロシア絵本」に、新たな光を投げ掛ける本邦初の試みです。

でも、庭園美術館ってどこにあるんだろ…。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次