ヒューマン・エリア・ネットワーク

久々にテクノロジーに対して驚きました。まさに未来的!

NTT、人体を通信線代わりに活用 – NIKKEI NET

NTT は 18 日、人体を通信線の代わりに活用して双方向通信する技術を開発したと発表した。専用の小型携帯端末を身につけていれば、握手するだけで名刺のようにデータ交換したり、ドアのノブを握ったりするだけで ID を認証して解錠するシステムなどに応用できる。2006 年をめどに実用化する計画だ。

ヒューマン・エリア・ネットワークというらしい。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次