押下

わたしだけでしょうか…

「押下」という単語を見ると、虫酸が走る


この業界に入るまでの約 24 年間、それなりに文章とか読むほうだと思っていたのですが、仕事ではじめて渡されたドキュメントの中に「押下する」という聞いたことのない単語が頻発しているのを見て驚愕した覚えがあります。この単語、日常生活で全く使わないくせに仕事になるとやたらたくさん顔を出すので嫌いです。なんで「押す」とか「クリック」っていっちゃダメなんすか?じゃあ、なんですか。「ダブルクリック」は「二回早めに押下」とか「ダブル押下」っていわないとダメなんすか?ただそれっぽい言葉使ってプロぶりたいだけじゃないんですか?そんなプロぶるのが好きなら、居酒屋とかで「あ、ビールなくなっちゃった。店員呼ぼう。ちょっとボタン押下して。」とか言ってればいいんです。電車とかで「ちょっと!うしろから押下するなよー」とか言ってればいいんです。(なんか違う)

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次