質問する力

文庫本になっていたので購入。

created by Rinker
¥605 (2022/09/29 17:23:13時点 Amazon調べ-詳細)

本書をタイトル通り「質問する力」のノウハウ本だと思って読んでしまうとちょっと期待はずれかもしれません。というか、大前研一氏の本はいつもそういうパターンなのですが、本書はまず具体的な事例を取り上げ、そしてその例についての氏の思考パターンを淡々と述べるという構成になっています。読者としては、その思考パターンをしっかり理解しながら追体験することによって氏のセンスを感じ取る、という読み方をすると良いと思います。

マスコミなどから当たり前のように流れてくる情報などをインプットするとき、ちょっとした「ひっかかり」があるにもかかわらず「まあ、そういうもんかな。」と鵜呑みにすることは意外と多いものです。本書を読んで、人の話を聞くときやニュースを読むときに感じたそういう「ひっかかり」を大事にして、それを質問まで育ててアウトプットしていく姿勢は、物事の本質を見抜く点でとても重要だと感じました。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次