今年もソフトウエア開発環境展に行ってきました

去年に引き続き、後輩たちとソフトウェア開発環境展にいってきました。

今回も名刺を配りまくって、シマンテックノートだとかトレンドマイクロサクマドロップだとかヒューレットパッカードIDケースだとかいろんなノベルティをもらってきました。今年で三回目の参加になりますが、段々とノベルティの質が良くなってる気がします。

展示に関しては、今年はなんといってもMicrosoftにつきました。Visual Studio 2005は、かなりやばいです。システムのライフサイクルすべてのフェーズでシームレスに使えるVS2005は、すでに開発環境を超えているように思いました。

久々のお祭りにテンション高めだったからか、なんだかとても疲れているので、落書きみたいな感想しか書いていませんがそろそろ寝ることにします。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次