地獄と天国の違い

■ある人が、地獄というところはどんなところなんだろうと思って、
地獄見物に出かけました。

三途の川を渡って地獄に到着。いったい、どんな恐ろしいところかと
思って身を固くします。

■ところが、そこに広がっていたのはまったく意外な、
想像もしない光景でした。

地獄は、ちょうど食事の時間だったのですが、

地獄の囚人たちがついているテーブルには、豪勢なお料理の数々が
山盛りになっているのです。

■「これはいったい、どうしたことだ」

その人は目を見張ります。
こんな豪華な食事が出てくるところがどうして地獄なんだ?

でも、囚人たちは、いまにも餓死しそうにやせ細っている…。

■その直後、ナゾはとけました。

彼らの使っているハシが、おそろしく長いのです。

まるでヤリのような長さ。向かいのテーブルの囚人に
届いてしまうようなハシでした。

■囚人たちは、そのハシで一生懸命、自分の口にごちそうを
運ぼうとしています。

しかし、当然のことながら、その食事が自分の口に入ることは
ありません。

むなしく食事の時間は終わり、また囚人たちは地獄の刑罰を
受けにいくのでした。

■次に、その人は極楽の見学に行きました。
極楽でも、さきほど見たような立派な食卓が並んでいます。

「極楽のハシは、きっと短いんだろうな」

そう思っていたら、驚くなかれ、
極楽の住人たちも、地獄で見たのと同じ長いハシを
使っているではありませんか。

■「これはいったい、どうしたことだ」

その人は目を見張ります。
しかしその直後、ナゾはとけました。

彼らは、長いハシでごちそうをつまむと、それをテーブルの
反対側の席の人に食べさせています。

その人は納得して帰っていきました。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次