M7/M8プロセッサは自動で歩数などをカウントしている

iOS8から追加になった「ヘルスケア」アプリを開いてみたら、特に何もしていないのに歩数が1週間分カウントされていることに気がついた。

少し調べてみたら、iPhone5Sからモーション・コプロセッサというチップが搭載されているらしく、これらのモーション・コプロセッサは動きに関するデータを取得・記録していて、A7やA8のメイン・プロセッサを使用しないため、省電力になるとのこと。

Apple によると、M7 コプロセッサは加速度センサー・ジャイロスコープ・電子コンパスと連携しています。

加速度センサーは iPhone を上下左右に動かした瞬間に生じる「G」を計測できます。

ジャイロスコープは傾き・角度、より具体的には iPhone の上下を軸とする回転(ヨー)・左右を軸とする回転(ピッチ)・前後を軸とする回転(ロール)を計測します。

iPhone 5sの可能性を広げる「M7コプロセッサ」とは? – たのしいiPhone! AppBank

ここに一週間分のデータが記憶されてるようだ。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次