KとIの喪失による多大な影響

今朝、包丁を洗っていたら右手中指の先をザックリとやってしまいました。かなり痛いので、今日はKとIの入力に支障が出てしまうことが予想され、今からとても心配しています。例えば自分の名前は「あの」になってしまい指示代名詞感がしますし、「おけったー」というサービス名は「おえったー」になってしまい、ろれつが回っていない感じです。また、可能性は低いと思いますが、万が一、近畿地方の話になった場合「んchほう」になってしまうため、国籍を誤解されてしまう可能性もあります。あ!! いま大変なことに気がついてしまいました。うちのサービスのひとつに、女性医師に質問ができるサービスがあるのですが、その名も「kikimimi」…。誤解どころかほとんど何も残りません。ということで、今日は近畿地方やkikimimiの話はなるべく避けていただけると幸いです。どうでもいいですね。今日も一日がんばります。おはようございます。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次