新史 太閤記(上)(司馬遼太郎)

173ページまで読了。

今川を飛び出して尾張に戻り、織田家に召し抱えられる。うまく信長に見初められ気に入られて、20人の部下を得るところまで。

ポイント
  • 他人の性格を正確に見抜いて、その人が求める(無意識下も含めて)行動を取っている
  • 自分の特徴(必ずしも長所でなくてもよい)を客観的に認識し、その特徴が最大限生きるシチュエーションをつくりだして、多少強引になっても行動している
¥1,694 (2022/10/29 17:09:47時点 | Amazon調べ)
気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次