妖怪(司馬遼太郎)

応仁の乱について少し深めに調べているのだが、登場人物や背景が複雑すぎて理解が進まない。司馬遼太郎の小説でこのあたりを書いているものはないかと探していたら『妖怪』という小説がドンピシャらしい。

司馬遼太郎は昔から結構読んでいるが、幕末明治・戦国ばかり読んでいたので、実はこのあたりとか『義経』とかはにはまだ手をつけていなかったのでちょうどよい。

講談社
¥792 (2022/10/29 17:09:48時点 | Amazon調べ)
講談社
¥880 (2022/10/29 17:09:50時点 | Amazon調べ)

折しも妖怪ブームなので、僕はこちらでブームに乗るとしよう。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次