かくかくしかじか

東村アキコの最高傑作との話をどこかで読んで4巻まで一気に購入。

著者の高校時代から受験を経て、美大~社会人までの自伝を描く作品。高校の時に通っていた美術教室の先生との思い出を中心に話が進む。先生への語り口で先が読めてしまう。ダメ大学生のくだりは自分に重なって心に刺さる。。

かくかくしかじか 1

かくかくしかじか 1

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次