ご当地チェック

最近ご当地チェックはやってるみたいですね。というわけで、やってみました。


Q. 上毛カルタをすべて暗記している。
A. 当然です。


Q. 標準語を話していると 信じて疑わない。
A. と、最近まで思っていたんですが、どうやら「利根川」と「いちご」のイントネーションが違うらしいです。


Q. 群馬のブランド米「ゴロピカリ」というネーミングは、カッコ悪いと思っている。
A. 他県の人に言うときのネタに使ってます。3割の確率で笑いが取れます。


Q. 好きな言葉は「鶴舞う形の群馬県」。
A. 好きでもないけど、嫌いでもないです。


Q. 行事が決行される合図に空砲が鳴るのは当たり前だと思っている。
A. え、群馬ローカルだったんですか?


Q. 北軽井沢が群馬県内にあるということを声を大にして訴えたい。
A. 全くその通り。


Q. 18歳になったとき、車の免許を取るよりも先に車を買った。
A. 買ったのは19のときですね。白い変な軽自動車でした。


Q. 車で抜かれると必ず抜き返して延々カーチェイス状態になる。
A. いたって安全運転です。


Q. 贈答品は、高島屋より、西武より、何より「スズラン」がありがたみがある。
A. そんなことはないです。そりゃ、高島屋のがいいですね。


Q. 歩いて5分のところでも、必ずクルマを利用する。
A. 全くその通り。


Q. そのせいか足腰が弱いので、スポーツは苦手だ。
A. 自分では苦手と思ってないのですが、まわりの評価は著しく低いです。


Q. 高校は男子校(女子校)だった。
A. 当然男子校です。太田高校(タタカと略す)です。


Q. カルタ大会に出場した経験を持っている。
A. 太田市民憲章カルタで太田市第3位です。


Q. 子供のころ「プラザアテネ」を見上げては「あそこに行きたい」と親を困らせたことがある。
A. 「プラザアテネ」っていう言葉をはじめて聞きました。


Q. 結婚した女性は、ジャージの上下が日常着になる。
A. そんなことはないでしょう。


Q. 運動会の組分けは、赤城(赤)、榛名(青)、妙義(黄)、浅間(白)の4つが基本である。
A. いえ、そんなことはなくて普通に紅組白組とかでした。


Q. 同様に、小学校のクラス分けは、「松竹梅」だった。
A. 馬鹿にしないでください。1組2組とかでした。


Q. 授業参観には、必ずモンペ姿でやって来る父兄がいる。
A. 馬鹿にしないでください。みんなちゃんとした格好をしてました。


Q. 焼き饅頭を愛している。
A. 愛してはないですけど、嫌いでもないです。


Q. 嬬恋のキャベツはそれなりに自慢。
A. ていうか、むしろ隠したいです。


Q. TPリクエストアワーの行宗蒼一さんのその後が気掛かりである。
A. 誰ですか?


Q. 県内で見かける外国人といえば、ブラジル人しかいないのが少し悔しい。
A. そんなことはありません。パキスタン人とかイラン人もいます。


Q. おきりこみを説明するとき、「山梨のほうとうと同じなんです」と言わなければならないのも悔しい。
A. おきりこみ?


Q. 白衣観音のある高崎市民は、牛久観音の牛久市民に対抗意識がある。
A. 太田市民なのでどうでもいいです。


Q. 語尾の「~るん?」が、ちょっとドイツ語っぽいと、かすかな自慢。
A. すっごい恥ずかしと思ってます。「どうなってるん?」とか言わないでほしいです。


Q. 高校時代は原付バイクで通った。
A. 全校揃って自転車です。


Q. 祖父母と両親は、小渕優子と中曾根弘文と福田康夫の後援会に手分けして入っている。
A. 太田市民はたぶん関係ないです。


Q. 中学時代は、いつもジャージ姿で制服を着たことがなかった。
A. その通りです。今思うと恥ずかしいです。


Q. 登利平の鶏弁が好きだ。
A. 大好きです。おいしいです。ぜひみんなに食べさせたいです。食べたかったら言ってください。


Q. 旅先で群馬発祥のヤマダ電気とセキチューを見ると、妙に感慨深い
A. セキチューを県外で見たことはないですね。


Q. 声が大きい。
A. はっきりしゃべれってよく言われます。


Q. ギャンブルが大好きだ。高崎競馬、前橋競輪、伊勢崎オート、桐生ボートのどれかに行ったことがある。
A. ギャンブル的なことはわりと好きですけど、いったことはないです。


Q. 「出る杭は打つ」のが信条である。
A. 群馬に関係あるんですかね。


Q. 糸井重里の徳川埋蔵発掘をひそかに応援していた。
A. してました。


Q. 高崎と前橋のライバル心むき出しの行政はこっけいですらある。
A. それはどうでもいいですけど、太田が3番目の都市だっていわれるのは嫌でした。


Q. カリビアンビ-チとかっぱぴあに行ったことがある。
A. 子供の頃に。


Q. えびすこうには、けんちん汁を飲み、恵比寿様に財布を供える。
A. 当然ですね。


Q. かつどんといえば、ソースカツどんしか頭に思い浮かばない。
A. 微妙ですけど、そうかもしれません。


Q. 銘菓「そうなんむすめ」のネーミングは、ちょっとヘンだと思っている。
A. しりません。


Q. パスタ、そば、うどん……麺類が大好きで、1日1食は麺を食べる。
A. 毎日そば屋に行ってます。


Q. 小渕優子に対しては、冷ややかな目で見ている。
A. そんな人いましたね。


Q. 小学生の頃「ああ野麦峠」を読んで涙したことがある。
A. 知りません。


Q. 1人に1台、自動車があってあたりまえだと思っている。
A. 思ってます。


Q. ブッチホンを受けることができなかったのが、心残りである。
A. 別に。


Q. 風に負けて自転車がこげなくなり、立ち往生した経験がある。
A. あります。立ち往生してるときに、栗(とげとげの)が飛んできたこともあります。


Q. カップ焼きそばは、ペヤングに決めている。
A. 「一平ちゃん、夜店の焼きそば」が好きでしたけど、最近では健康志向なので食べてません。


Q. 群馬出身だというと「かかあ天下でしょ?」と言われるのに飽きた。
A. 飽きました。


Q. 会話は「まあ、なんだいね」から始まる。
A. 馬鹿にするな。


Q. FM群馬の 「メチャリク」にリクエストしたことがある。
A. 知りません。


Q. ひし餅は、鏡餅の上に飾るものだ。
A. 質問の意図を教えてください。


Q. 「カ行」が濁音になる。
A. ならないです。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次