生茶祭り

さて、CMで見た生茶パンダ欲しさに、後半に至っては、気持ち悪くなってまで飲んだり、挙げ句の果てはアクスト(前出)のゴミ箱を漁ってまでしてかき集めた、件の生茶パンダの応募シール( 84 枚)ですが、締め切りも迫ってきたのでついに応募することとあいなりました。
で、結果がこれです。
応募所要時間 1 時間半
どういうことですか、これ?


/* 生茶パンダ確率論 */
いや、待てよ。 84 枚送って当たらないのは妥当な結果なのかどうか、それを検証する必要がある。くやしいー、って思うのはそれからだ。
まず、キリンビバレッジが報告している生茶の 2002 年の総売上本数は 4000 万本。そのうち応募用紙が張ってあったのは、7/8 ~ 8/7 の一ヶ月間の出荷本数だから単純に平均すると 4000万 / 12ヶ月 = 333 万本 に応募シールが張られてたという計算になる。
さらに、応募時期より少し前からシールが貼られてたこと、夏で販売本数が多いということを加味して、倍の 600 万本ほど出荷されていたとすれば、実際の数字とそれほど離れてはいないだろう。
ここで、生茶パンダは 20000 人に当たることになっているから、
600 万本 / 20000 人 = 300 本
おお、 300 本に 1 本じゃないですか。 84 本ぽっちじゃ、大甘だったってことですね。
少しくやしくなくなったです。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次