JSTQBテスト技術者資格認定 合格

昨日、「日科技連JSTQB担当」というところからメールがきていた。メールには、先日受験した「第4回 JSTQB認定テスト技術者資格」の合格者一覧のURLがのっていたので、さっそく受験票を手元に置きながら照合した。

照合している感じが、大学受験の合格発表みたいでちょっとドキドキしたが、無事合格していた。今いるプロジェクトではテストチームなんてことをやっている手前、少しほっとしたというのが本音である。認定証は一ヶ月後に届くとのこと。

試験対策は、前にも紹介したが以下の二冊で十分だと思う。それに加えて、シラバスや用語集にも目を通しておくと万全だろう。

著:大西 建児, 著:佐々木 方規, 著:鈴木 三紀夫, 著:中野 直樹, 著:町田 欣史, 著:湯本 剛, 著:吉澤 智美, 著:福田 里奈
¥4,158 (2022/12/03 20:35時点 | Amazon調べ)

この試験に特徴的なのは、出題文の言い回しによる引っかけ問題だと思う。はじめはその引っかけに慣れなくてイライラするが、青い方の対策本をしっかりとやれば、そのへんのクセにも慣れることができる。

さて、前に受験したRuby認定試験とあわせて、これで今年二つ目の資格取得となる。

今年になって急に資格を受けだした理由はただひとつ。会社が取れという方針を出してきたからである。毎月、給料をもらっている身なので特に逆らうつもりはない。

とはいえ、何も考えずに、有名どころや報奨金の高低だけで受験するのもアレなので、1)自分の業務に直結するもので、2)みんなが持ってないもの、という観点で試験を選んだ。

1)は自分のため、2)は後から受ける後輩たちの参考になればという、他人のためである。

ただ、僕個人でいえば、資格勉強よりもやりたいこと・やるべきことがたくさんあるので、今年の受験は、4月に受験予定の情報処理試験で最後にするつもりである。3つも受ければ会社への義理は果たしているだろう。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次