Ruby認定試験を受けてきました

世間ではセンター試験みたいですが、僕はRuby認定試験というのを受けてきました。

試験会場は、霞ヶ関ビルというなかなか綺麗なところでしたが、休日だからなのか、ちょっと寂しい感じの場所です。受験者は7~80人くらいいたかな。もっといたかもしれない。なかには女性や年配の方もチラホラいましたが、二十代後半って感じの人が多かった気がします。

問題は、とてもスタンダードな感じでした。きちんと勉強している人ならたぶん大丈夫だと思います。String, Array, Hashの問題の比率が異様に高かった印象がありますが、コマンドラインオプションだとかirbだとかをのぞけば、出題範囲からまんべんなく出題されていた印象です。このへん(※リンク切れ)とかこのへんの問題に近い感じでした。

少し時間が余ったので、出題の傾向をメモってきました。

Rubyの基礎9問
正規表現2問
クラス・オブジェクト2問
モジュール1問
例外処理1問
Hash5問
Array12問
String11問
IO4問
Dir1問
Time2問
50問

たぶん、こんな感じです。

String, Array, Hash, IO, Dir, File, Timeあたりをやっておけば、結構堅いんじゃないでしょうか。

合格ラインは75%で、発表は2/1とのこと。合格報告がなかったら…、そこは大人の対応で。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次