『φは壊れたね』読了

タイトルが印象的な、いわゆるGシリーズというやつ。文庫になってから読もうと思い、しばらくチェックしていなかったのだが、先日本屋さんに行ったら文庫になっていたのでさっそく購入した。

著:森博嗣
¥454 (2022/12/03 20:50時点 | Amazon調べ)

300ページくらいなうえに会話が多いので、2時間もあれば十分読める。ちょっとミステリを読みたいときなどに最適だ。各章の頭にヴィトゲンシュタインの『論理哲学論考』が引用されていたりして、(個人的に)ちょっとタイムリーだった。

著:ヴィトゲンシュタイン, 翻訳:丘沢 静也
¥913 (2022/12/03 20:50時点 | Amazon調べ)

内容はとてもシンプル。最近、ミステリといえば、いくつもの話が絡み合うような話ばかり読んでいたので、ちょっともの足りないくらい。伏線とかはあまりなくて、あるひとつのシーンに重要なところが集約されている。そういう絞りこみがされてると思わず、いつもの調子でさらりと流してしまったので、いつの間にか終幕へ。とはいえ、森博嗣らしく話の展開がスピーディで読んでいて楽しかった。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次