新・世界の七不思議

いきなりだが、「新・世界の七不思議」というものがあることを知った。

なんでもスイスにある「新・世界七不思議財団」というヒマそうな民間の団体が発表したものだそうだ。現存するものを、ということでインターネットで投票して選定したらしい。

選定されたのは、以下の七つ。

  1. 万里の長城(中国)
  2. タージマハル(インド)
  3. ペトラ遺跡(ヨルダン)
  4. コロッセオ(イタリア)
  5. リオデジャネイロのキリスト像(ブラジル)
  6. マチュピチュの遺跡(ペルー)
  7. チチェンイツァのピラミッド(メキシコ)

恥ずかしながら、ペトラ遺跡は知らなかった。

ちなみに「元・世界の七不思議」は諸説あるが、以下の七つが一般的とのこと。

  1. ギザのピラミッド
  2. バビロンの空中庭園
  3. エフェソスのアルテミス神殿
  4. オリンピアのゼウス像
  5. ハリカルナッソスのマウソロス霊廟
  6. ロードス島の巨像
  7. アレクサンドリアの大灯台

この中で現存するのはギザのピラミッドだけだが、こちらのほうがロマンを感じる。「新」を作る必要なんてまったくなかったと思うのは、僕だけだろうか。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次