わかってもらえない(1)

何が恥ずかしいって、友達や同僚などと電車とかで話してて、最初は単純にその相手との会話や掛け合いを楽しんでいたのに、だんだん「あれ? うちらって、もしかしておもしろい?」とかいう勘違いから、いつの間にか、まわりにいる第三者を意識して話すようになって、それが実は全然おもしろくもない漫才みたいになっていることにふと気づいた瞬間ですな。なんてことをアツく主張したら「意味わかんない」って一蹴された。わかれ、と。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次