1時間がんばるだけで、人生であと10回ヒーローになる方法

奥さんや友達同士などと話しているときに、2, 3年に一度くらいは「さかなへん」の漢字の読み方クイズみたいなモードになることがあるだろう。

あまりクイズっぽい話にならないという人でも、誰かとテレビのクイズ番組を見ているときに、やっぱりそれくらいの頻度でそういう問題に出会うことがあると思う。

こういう場合、鯖(さば)や鮪(まぐろ)のような有名な漢字は何となくで答えられるのだが、鯳(すけとうだら)とか鰰(はたはた)になると、もうお手上げである。というか、ほとんどの漢字は読むことができない。

まあ、でも、これらの漢字を読めなかったからといって、別にどうってことない。人生にも何ら影響がない。だから、毎回「へぇー」というだけで終わってしまう。

が、しかしだ。

逆にこれらの漢字を知っていれば、そのクイズの一瞬だけ「おー、すげー」という賛辞を得ることができるのである。おおげさにいえば、その瞬間だけヒーローになれるのである。

長めに見積もって、五年に一度そのクイズに出会う機会があったとしよう。あなたが今30歳で80歳まで生きるとする。あと10回もヒーローになれる可能性があるのだ。

ヒーローになるのが目的なので、まあ、30個も覚えておけば十分だろう。それに要する時間は、ひとつ2分としてもたったの1時間だ。そう、たった1時間がんばるだけで、人生であと10回もヒーローになれるのである。

ちなみに、冒頭の漢字は「ぼら」である。(おー、すげー)

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次