メールの端っこ

仕事が良くできそうな人のメールの書き方についてのパターンを発見した。それは、メールの文章で「文の端をキッチリそろえる」という特徴である。

60文字だか70文字だかわからないが、キッチリそろっている。

単語の途中でも容赦なく改行されている。

その機械的で無機的な感じが、そういうひとの仕事ぶりにもあらわれているように思う。

でも、これは強くいいたい。

見た目(図形として)こそキッチリしているようだけど、はっきりいって、読みづらいことこの上ない。単語も、途中で改行を入れられて泣いているだろう。

僕の場合、一行の最大文字数は決めている。

そして、その文字数のなかにどうしてもうまく入らない場合は、文自体を見直す。場合によっては、文章全体を見直すこともある。文の端の改行の入れ方には、それなりにこだわりがある。

まあ、でも、これも何がいいという話ではない。

単なるスタイルの話である。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次