九大教授がセクハラ

九大教授がセクハラ? 本人は否定 学生ら四十数人告発

九州大大学院人文科学研究院(福岡市東区)の男性教授(58)がセクハラ行為を繰り返したとして、同大学院の院生や学生、卒業生の男女四十数人が同大に告発したことが十六日、分かった。

女子学生は「研究室に呼ばれてキスを迫られた」「飲み会で太ももを触られた」などとしており、精神的苦痛で体調を崩したケースもあったという。男子学生からも「就職指導で『君には無理』と露骨に言われた」など、教授の権威を利用したアカデミックハラスメントを訴える内容もあった。卒業生の訴えには「十数年前のものもある」(同委員会)という。

この手のニュース、最近多いですねぇ…。(意味深)

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次