化学分野で東大など 6 大学が研究協力

化学分野で東大、京大など 6 大学が研究協力

日本を代表する優れた研究拠点に予算を重点配分する文部科学省の「 21 世紀 COEプログラム」に選ばれた 6 大学の化学分野の研究チームが、大学の壁を超えた協力組織をつくった。大学同士の横の連携を組織化しようと九州大が呼びかけ、分野が近い北海道大、東北大、東京大、京都大、大阪大が応じた。国立大の法人化により、研究現場の競争意識が高まって大学間の協力が進めにくくなるのを防ぐ狙いがある。

「国立じゃ無理っスよね」って勝手に思ってたんですけど、まだまだ捨てたもんじゃないみたいです。

ちなみに世話役の新海征治九大教授を学会でちらりと見たことがあるのですが、カッコイイ名前のわりに地味な感じでした(失礼)。でも、研究内容とかは全然地味じゃないです(フォロー)。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次