アレクサンドリア図書館が発掘される

アレクサンドリア図書館が発掘される エジプト

この度、ポーランド及びエジプトの合同発掘調査団により、「世界最古の学府」と称されるアレクサンドリア図書館が発掘されたとのこと。このアレクサンドリア図書館は紀元前 300 年頃、プトレマイオス一世によって世界各地の文献の収集を目的として建設された世界最高の図書館である。

素数を求めるアルゴリズム「エラトステネスのふるい」で有名なエラトステネスさんは、確かこの図書館の館長でしたよね。

遙か昔、その場所で、当時の一流の学者が議論している姿とかを想像すると、なんかとても素敵です。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次