胃弱な武士

暑苦しくなってきました。

すでに何度もエントリーしていますが、僕はこの上なく胃弱です。特にこの季節になると、食べ物のにおいを嗅いだだけでも気持ち悪くなって、吐きそうになってしまうほどです。

今日の昼食も「なんとかサラダだけでも!」と思って、がんばって食堂まで足を運んでみましたが、案の定、食堂全体に漂う肉臭(にくしゅう)のせいで、気持ち悪くなりました。それどころか仕舞には眩暈までしてきたので、いそいそとコンビニにウィダー in ゼリー コラーゲンインを買いに行ったほどのダメっぷりです。

いや、でも、弁解するわけじゃないんですけど、別に逃げ帰ったわけじゃないんですよ。ていうか、むしろ、無理して(サラダを)食べて倒れるくらいの覚悟はできてたんですよ。

しかし、ですよ。

もし万が一、それで死んじゃったりしたら、死亡診断書の死因の欄に、確実に「肉のにおいを嗅いだため」とか「サラダを食したためショック死」って記入されるじゃないですか。男としてそんな恥ずかしい真似はできません。武士は死に際にこそ美しさを求めなければなりません。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次