パラパラ広告 実践編

今日は話題のパラパラ漫画広告が掲示される日です。すでに予習もばっちりで、帰り道のルートまで考えに考え抜いてあります。僕はこういう新しいイベントが大好きなのです。

しかし、21 時頃、そろそろ帰ろうかなと思っていたら、部長にタイミングの悪いお誘いを受けました。

「さて、ちょっと軽く一杯行こうか?」
「いや、今日はちょっと…。」
「え、なんか用事あるの?」

はい、かなり説明しづらいです。ていうか、たとえ説明できたとしても恐ろしく説得力に欠けます。

「いや、えーと、今日は、あのパラパラ広告を…、その、溜池山王に…」
「は?」
「いや、今日からなんですよ。パラパラ…。あの、赤坂見附でパラパラ…」
「ほら、パラパラ言ってないで、行くよ!」

問答無用でした。

居酒屋に入ってすぐに閉店の時間を確認すると、23 時という文字が見えました。まだイケます。こっちは一日前から準備してるので、そう簡単に諦めるわけにはいかないのです。

23 時にようやく飲み終わり、三田(東京)駅に着きました。当然ながら、自宅方面とは反対方向の白金高輪方面に乗り込み、迷わず溜池山王を目指します。どうでもいいけど南北線はなんか綺麗でした。

溜池山王に着いて 5 分ほどすると赤坂見附方面の電車がやってきたのですが、なんか異常なほどに混んでいます。こんな時間に無茶苦茶です。ていうか、コイツら絶対パラパラ狙いです。

さて、僕のイメージでは両壁面にパラパラ漫画広告が掲示されてると思っていたので、とりあえずどっち側でもいいやと思い、ドアから入って正面の窓付近に陣取っていたわけです。しかしながら、いざ走り出しても何も見えません。ションボリーです。

と、後ろの方でなんかザワザワしてます。振り返ると、ペットボトルっぽい映像がチラリと見えたような気がしました。と思ったら、すぐに赤坂見附に着いてしまいました。ていうか、こんなんじゃまったく話になりません。前の晩から予習をしてたのにたったの 1 秒です。

頭に来たので、今度は逆方向の 赤坂見附 -> 溜池山王 に乗ってパラパラを見てやろうと思いつきました。我ながら名案です。颯爽と逆側のホームにたち、しばらくすると逆方向の電車が来ました。今度はかなりすいています。わほほーいです。しかも今回は、反省をしっかり生かして乗ったドア側の方に陣取りました。完璧です。


_| ̄|○


赤坂見附 -> 溜池山王 方向には広告が掲示されてませんでした…。

ここまでくると完全なピエロ(道化師)です。木曜の深夜にひとりで何をやってるんでしょうか。いや、駄目です。冷静になってはいけません。ここまで来たらもう引き下がれません。もう一度です。もう一度、溜池山王 -> 赤坂見附 に乗ればいいのです。ていうか、もはやパラパラ云々はどうでも良くて、ホモ・サピエンス・サピエンスとしての尊厳の問題です。しかも今度は絶対の自信があります。なにしろ 15 分前に乗ってます。入ったドアの方を向いていればいいのです。

きました!

完璧です。わほほーいです。しっかりと映像が見えました。アミノ式の CM でした。たぶんこれだったと思います。今度は一部始終をじっくり見ました。おそらく映ってる時間は 15 秒くらいだったと思います。見に行く人は結構意識しないと見逃してしまうので気をつけてください。


さて、赤坂見附でしばらく尊厳を回復していたら、気づくと 12 時近くになっていました。ここから丸ノ内線に乗って大手町に行き、それから三田線に乗らなければ帰れません。いつも使っている芝公園(三田線)の最終は 0 時 4 分で、芝公園から大手町まで 10 分くらいだったので、大手町の予想終電時刻は 0 時 14 分です。パラパラ広告を見てたら終電に乗り遅れたなんて、ネタとしてもベタすぎて人に言えないので絶対に避けなければいけません。

大手町に着いたのは 0 時 8 分くらいでした。あと 6 分です。ていうか、大手町をちょっとなめてました。丸ノ内線 -> 三田線 遠すぎです。しかも今日は打ち合わせがあったので偶然にもスーツでした。というわけで、アルコール & スーツ で全力疾走しました。こんなに走ったのは大学時代の健康学原論という講座の 12 分間走以来です。しかも原因はパラパラです。まったく報われません。

全力疾走した甲斐あって何とか間に合いました。でも、アルコール & 全力疾走で全身汗まみれです。顔面とか、ある意味エレクトリカルパレードみたいになってたと思います。電車に乗り込むと、あまりに気持ち悪くて優先席で(たぶん許される)しばらく息を整えていましたが、なんか全身がしびれてきてすぐに安らかな眠りにつきました。しかしその寝顔は、おそらく尊厳に満ちていたと思います。

記念に溜池山王 – 赤坂見附 付近にトラックバックしておきました!

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次