パンダ傘モデル

ここ最近、「持つところ」「留めるところ」「先っぽ」の三点が黒色のビニール傘(パンダ傘と勝手に命名)を持っている人をよく見かけます。僕自身はコンビニとかで見かけたことがないのですが、このパンダ傘、最近流行ってるんですか?

気になったので、とりあえずサンプリングをしてみました。今日は台風が近づいているということで、サンプリングにはうってつけでした。結果、家を出てから会社に着くまでにすれ違った人のうちビニール傘を持っていた人の総数は 51 人。その中でパンダ傘だった人は、なんと 11 人もいました。割合にすると 21.6% にもなります。

おもしろいです。

消耗品だから見た目とかはどうでもいい、ではなく、消耗品にもちょっとした付加効果をつけてやることで、他の商品と差異が生まれ、結果として消費者の関心を集めてるということでしょうか。

「既存のスタイルが当たり前だと思われているけれど、消耗品だから特に現状を変える必要もない」というようなモノのスタイルをちょこっとだけ変えてあげる。それが当たり前だと思っている(消耗品なだけに)ために、その少しの変化がとても新鮮に見える。そんな売り方は、意外と効果的なのかもしれません。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次