世代

41歳になりました。

子供の頃の父親との記憶はほとんどないのですけど、父親の42歳の誕生日のことだけは、なぜかささやかに記憶が残っています。

あのころ僕は12歳。

いまは父親が71歳で、僕が41歳。そして長男は12歳です。

「30年で1世代」といわれますが、生まれてから最初の10年と最後の10年を準備期間と考えると、人はだいたい2世代分生きるのですね。そしてそのちょうど真ん中にいま立っているんだなと気づきました。

そんなことに思いを巡らせていたときに、ふと、人生の長さの全体イメージが頭に浮かびました。死のイメージとともに、かなりくっきりと。

さあ、これから後半生です。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次