LinkShareでアフィリエイト

最近、アフィリエイトがとても流行っています。

アフィリエイトというのはざっくりいってしまえば、自分のウェブサイトなどにいろいろな企業の商品のリンクやバナーなど張って、見に来た人がそのリンク経由で商品を買った場合に企業からウェブサイトのオーナーに報酬が支払われるという仕組みのことをいいます。

アフィリエイトサイトといえば、手軽にはじめられるAmazonが有名ですが、最近は他にも多くのアフィリエイトサイトがあります。

その中でも、僕が個人的に群を抜いて良質だと思うのがLinkShare(リンクシェア)です。

どこが良質か?

LinkShareの良質なところを3点ほどあげてみます。


1点目は、提携企業のラインナップの豪華さです。

アフィリエイトというと、ちょっと前までは、いかにも怪しい健康器具など「てか、こんな商品売れねーよ」的商品が多かったのですが、LinkShareはちょっと違います。

参加ECサイト一覧を見てもらえばわかりますが、Apple StoreやSony Style、DELLなど、むしろバナーをおいておけば、ちょっとサイトイメージがアップするんじゃないかというよう有名企業ばかりです。

2点目は、「1円でもきっちり払わせていただきますキャンペーン」というキャンペーンです。

このキャンペーンは最近はじまったものですが、本当に素晴らしいです。アフィリエイトでもらえる報酬は、普通のサイトだと「1500円より高くなったら」みたいにある一定の限度額が存在することが多く、多くの人はその限度額に達する前にやめてしまうことが多かったようです。しかし、LinkShareであれば、たとえ100円でも振り込まれるので飽きずに続けられます。

3点目は、管理画面の使いやすさです。

多くのアフィリエイトサイトには管理画面が用意されていますが、LinkShareの管理画面はその中でもかなり使いやすい方だと思います。企業との提携方法もとても簡単ですし、リンクの作成もあっという間です。また、管理画面のメニューの中にサブアフィリエイトという項目があって、ひとつのウェブサイトの登録で他のサイトでも同一ユーザでアフィリエイトできたりもするようです。


いかにもアフィリエイトしてます!みたいなバナーだらけのウェブサイトは、見ていてとても品がないと思います。

でも普段生活していると「この商品すげー」と思う商品はたくさんあったりして、そういうときはアフィリエイトにかかわらず紹介エントリーをしていた人も多いと思います。どうせなら、そこにアフィリエイトをくっつけてみましょう。たとえ1ヶ月に1000円でも、別ラインの収入を持っているとすごく得した気分になれます。せっかく時間がたっぷりある連休なんですから、収入の種をまいておくのもアリだと思います。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次