東大など国内有名6大学の教材が無償で公開

前に「知のオープンソース化」で書いたMITOCWの日本版です。

国内有名6大学の教材を無償で公開

東京大学など日本の主要6大学は、講義のシラバス(講義概要)や講義ノートといった講義情報をウェブサイトを通じて無償で公開した。これはマサチューセッツ工科大学(MIT)が2002年9月から開始しているOpenCourseWare(OCW)という規格に準拠したもので、MITではすでに1100もの講義で使われる教材や講義内容を公開している。

スバラシイ流れですね。

公開してるのは、大阪大学、京都大学、慶応義塾大学、東京工業大学、東京大学、早稲田大学とのこと。大学受験では難関校といわれているこれらの大学ですが、単に勉強がしたいだけならばいくらでもできる世の中になってきました。

MITOCWと同じようにシラバス、スケジュール、講義ノート、課題、試験などを参照することができます。

公開講座はまだ130ほどとのことですが、今後に強く期待です。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次