木谷君

ATOKには省入力という便利な機能が搭載されています。

省入力機能は携帯とかではすでに一般化している機能で、文章や単語の先頭の何文字かを入力すると以前の入力履歴からいくつかの候補をあげてくれて、ユーザはその中から選ぶという例のアレです。

特にひたすらドキュメントとかを書いているときなどは、MS-IMEとATOKとでは作業効率が5%くらい違うと思います。

さて、そんな便利な省入力ですが欠点もあります。たまにtypoなまま勢いで確定してしまって、おかしな候補が登録されてしまったりするわけです。

今日は9人の新人さんが書いたソースコードを精査しながら、ひたすらそれぞれにコメントをつけたりしていたのですが、そのときに出ましたよ。人を小馬鹿にしたような候補が。

おそらくは過去に「コーディング規約」と書こうとして間違えたものが登録されたものと思われます。

誰だよ、木谷君って。

気に入ったらシェアお願いします!

この記事を書いた人

こんにちは!カノといいます👓
インターネットやテクノロジー、ビジネスモデルや歴史(世界史・日本史)、美術などが好きです。メガネのせいか真面目っぽく見えるらしいですが、基本的には昔からいい加減な性格です。
このブログは昔からずっと個人的な日記みたいな感じで書いてきていて、基本的には個人的なログになりますが、興味のあるところだけ読んでいただけるとうれしいです。コメントやTwitterのフォローなどは大歓迎です。

コメント

コメントする

目次